09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般 観光関係
2022年9月20日(火)8:59

第48代の3人をお披露目/ミス宮古島

47代からたすき受け継ぐ

 

第47代から第48代へミス宮古島のたすきが引き継がれた(左から)小林さん、久貝さん、山里さん、伊川さん、下地さん、砂川さん=18日、マティダ市民劇場

第47代から第48代へミス宮古島のたすきが引き継がれた(左から)小林さん、久貝さん、山里さん、伊川さん、下地さん、砂川さん=18日、マティダ市民劇場

第48代ミス宮古島をお披露目する発表会(主催・宮古島観光協会)が18日、マティダ市民劇場で行われた。第47代ミス宮古島の3人から、ミスサンゴの小林千紘さん、ミスティダの山里穂乃花さん、ミスブーゲンビレアの下地宮代(みやこ)さんがミス宮古島のたすきを受け継いだ。第48代の3人は宮古島の魅力を国内外に発信していく決意を語った。

オリジナルブランド「SA・LAND」の長濱紗羅さんがデザインした制服を身に着け舞台に上がった第48代ミス宮古島の3人は、会場の観客や関係者から温かい拍手で迎えられた。

小林さんは「ミスサンゴの肩書きに負けないように、先輩方がチャレンジしてきたことを受け継ぎ3人で努力していきたい」。山里さんは「思いのこもったたすきを引き継ぎ、期待に応えられるように精いっぱい頑張りたい。太陽のように魅力を届けたい」。下地さんは「島に響き渡るミャークフツ、豊作を願う舞いなど、先人たちが残してきた大切なものを新しい笑顔と花で彩りたい」とそれぞれあいさつした。

第48代ミス宮古島の登壇前に、第47代ミスサンゴの久貝真里奈さん、同ミスティダの伊川実里さん、同ミスブーゲンビレアの砂川愛莉紗さんが紹介された。

3人はそれぞれ「コロナ禍でイベントの中止が相次ぐなか、SNSやユーチューブで宮古島の魅力を世界中に発信するなど公務をこなしてきた」「先代からたすきを引き継ぎ、3人で励まし合い活動してきた」「ミス宮古島での経験は、かけがえのない宝物」などと思い出を話し、支えてくれた家族や友人、協力してくれた職場の仲間などに感謝の思いを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!