10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
産業・経済
2022年9月21日(水)9:00

住宅地上昇率が県1位

市内周辺で高い伸び/商業地最高値3・6%上昇

宮古島市内の商業地で最高価格となったサーティワンアイスクリーム宮古島店(筑登之屋)付近

宮古島市内の商業地で最高価格となったサーティワンアイスクリーム宮古島店(筑登之屋)付近

【那覇支社】県は20日、2022年県地価調査(7月1日時点)を発表した。住宅地の平均上昇率は、宮古島市が前年比10・9%となり、県内41市町村でトップ。住宅地の上昇率では、県内の1~5位を宮古島市の地点が占めた。市内の商業地最高価格は、「平良字西里根間246番地(築登之屋)」の1平方㍍当たり14万5000円で、上昇率は同3・6%だった。

県地価公示分科会の濱元毅代表幹事は、県全体の地価動向について「コロナ後の収益見通しが立ちつつあり、土地購入の動きが出てきている」と述べた。

また、宮古島市の住宅地に関しては「城辺や上野、島尻など、周辺地区の地価が上がっている」との分析を示した。すでに価格が上がっていた市中心部に比べ、割安な地域に上昇がみられるという。

住宅地で、最も上昇率が高かったのは、「城辺字保良村内507番地」の前年比23・1%。同地点の上昇率は、20年に同37・3%、21年も22・9%で、3年連続して高い伸びを示した。 市内での住宅地最高価格は、「平良字久貝ムイ原852番9」で、1平方㍍当たり3万6500円(前年比5・8%上昇)だった。

また、市内の商業地は、平均上昇率が同4・0%(21年は同4・6%)となった。商業地は、20年に平均上昇率が4割近くという高い値を示し、その後は比較的落ち着いた動きとなっているが、上げ幅は県内5位につけた。

濱元代表幹事は「宮古は期待性が高い場所で、特に西里通りなどは引き合いが強い」と語った。

一方で、宮古を含めた県全体の不動産取引について「昨年とほぼ同じ状況だが、コロナ前の水準には至っていない」と述べ、取引への懸念が完全には払拭(ふっしょく)できていないとの認識を示した。

多良間村の住宅地2地点の価格は、昨年から横ばいだった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!