07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
スポーツ
2022年10月23日(日)8:59

2種目で宮古新記録/全宮古小学校陸上大会

各校の代表選手が力走

 

力走する5年男子800メートルの選手たち=22日、市陸上競技場

力走する5年男子800メートルの選手たち=22日、市陸上競技場

第33回全宮古小学校陸上競技大会(主催・宮古地区小学校体育連盟)が22日、市陸上競技場で開かれた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催。多良間を含む17校の代表選手が出場し、トラック競技とフィールド競技の計22種目で競い合った。2種目で宮古新・大会新が、1種目で大会新が更新された。

5年女子ジャベリックボール投げでは、狩俣琉香(南)が38メートル84の宮古新・大会新記録で優勝に輝いた。2位の岸本花愛心(久松)も同じく宮古新・大会新となる37メートル61の記録を残し、ハイレベルな戦いを演じた。

狩俣は「優勝できてうれしい。記録を出した2投目は投げ方、タイミング、ステップが良くて、練習以上の力を出せた。来年もまた記録を狙いたい」と笑顔を見せた。

3年女子100メートルでは、メイスンティファニー華(南)が15秒9のタイムで宮古新と大会新を樹立し、「練習通りに走れた」と喜んだ。5年100メートルでは友利優杏(平良第一)が14秒3の大会新で優勝した。

学校別の団体総合では、男子は上野が初の栄冠を手にした。女子は下地が9年ぶり3度目の優勝をつかんだ。

大会は昨年、一昨年ともに新型コロナの影響で中止となり、3年ぶりに開催された。今大会は予選、決勝と行われた競技をタイムレースに変更するなど規模を縮小して実施。表彰式は行わず、後日学校で伝達してもらう形にした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!