12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
産業・経済
2022年11月9日(水)9:00

県畜産共進会 砂川健治さん大臣賞

宮古島市が団体2連覇/上地美優桜さんは優秀2席

 

農林水産大臣賞を受賞した(左から)砂川健治さん、貴哉さんと(左から)「はるな」号、「のぞみ」号=8日、糸満市の南部家畜市場

農林水産大臣賞を受賞した(左から)砂川健治さん、貴哉さんと(左から)「はるな」号、「のぞみ」号=8日、糸満市の南部家畜市場

【那覇支社】第48回県畜産共進会(主催・県畜産共進会協議会)が8日、糸満市の南部家畜市場で開催され、肉用牛の部「高等登録群」で、砂川健治さん(66)=市下地入江=所有の「母・はるな」号と「娘・のぞみ」号が優秀1席となり、農林水産大臣賞に輝いたほか、上地美優桜(ちゅら)さん(18)=市平良久貝=が優秀2席を獲得した。また、宮古島市が2年連続で同部団体賞を受賞した。

同共進会は、県内各地域から選抜された優良な種畜と生産者が一堂に会し、家畜の改良や飼養管理技術の成果を競い合い、家畜改良の促進や畜産振興への理解を深める重要な場として、開催されている。

キャリア24年目にして、初めて農林水産大臣賞に輝いた砂川さんは「共進会に出場して、大臣賞を取ることが目標だった。宮古の関係機関や技術員をはじめ、皆さんの協力のおかげ。大変助かった」と喜びを語った。

今大会に一緒に出場した息子の砂川貴哉さん(39)=会社員=は「何度も挑戦して、今回選ばれてすごいと思った。今は、休日に手伝っているが、今日の受賞で自分も牛をやりたいと思った」と受賞への感想を語った。

また、宮古和牛改良組合の荷川取広明組合長は、団体賞2連覇について「全体的にレベルが高くなっている中で、宮古島市が上位に入り、期待に応えられたことがとてもうれしい。今回は全員で取った団体賞なので、すごく価値がある」と喜びを語った。

また、農家とJAや行政などの関係機関が積極的に協力するという宮古地域の伝統にも触れ「今年の成績にもつながっている」と評価した。

今後の目標を3連覇と5年後の全国大会に見据え「県の肉用牛生産の見本となり、なお一層生産技術を高めていきたい」と意気込みを述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!