12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
社会・全般
2022年11月12日(土)9:00

市新型コロナ 感染状況は下げ止まり/宮古保健所・木村所長

今冬、インフル同時流行懸念/「拡大防止へワクチン接種を」

 

市内の新型コロナウイルス感染状況について説明する木村所長=11日、宮古保健所

市内の新型コロナウイルス感染状況について説明する木村所長=11日、宮古保健所

宮古保健所の木村太一所長は11日、市内の新型コロナウイルス感染状況や今後の見通しについて宮古毎日新聞社の取材に応じた。この中で、市内の感染状況について、現在は下げ止まりとの見解を示した。12月~2月にかけての今冬についてはインフルエンザとコロナ(オミクロン株)の同時流行が懸念されるとし「感染拡大を防止するためにもインフルエンザのワクチンと、コロナワクチン接種後から時間が経過している人は接種してほしい」などと呼び掛けた。

新型コロナウイルス感染症については9月26日から全数把握の見直しを実施しており、今回の見直しによって詳細な届け出の対象が▽65歳以上▽入院が必要な感染者▽重症者リスクがあり治療薬の投与が必要な感染者▽妊婦―に限定されている。

全数把握の見直し後の感染状況について「届け出の対象は今週は1週間当たり18人。見直しされた週は1週間当たり約70人だったので下げ止まり状態となっている。しかし、昨年の今ごろはゼロだったので、見直しがあってもゼロにはなっていない状況。以前から見れば感染者数が少なく見えるが、推測では届け出対象の4~5倍くらいの感染者がいると考えられる。宮古島では週に100人前後ほどは感染者がいると思われる」と説明した。

木村所長は「宮古の流行状況は下げ止まっている感じで週に20人前後。年齢層は若い子どもや親世代で見られる。高齢者施設も報告はあるがピークよりは少なくなっている小康状態だと思う。施設は少し増えている懸念がある」と強調した。

感染拡大を防止するためには「高齢者に感染を拡大させないような視点からも個人個人の感染防止対策がより重要になる。冬に感染拡大するのは換気が不十分になるためなので換気対策を。また、大人数での飲食(忘年会など)は一堂に集まるのではなく、小分けするなどの対策をしてほしい。またワクチンの接種を最新の状態にしておく。インフルエンザが同時流行する可能性もあるため、積極的にインフルエンザワクチンも接種してほしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!