12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2022年11月15日(火)9:00

宮糖城辺が年内操業/22-23年期サトウキビ

来月9日開始を決定/11万4000トンの搬入見込む

 

来月9日から操業を開始する宮古製糖城辺工場=14日、城辺砂川

来月9日から操業を開始する宮古製糖城辺工場=14日、城辺砂川

宮古製糖(渡久山和男社長)は14日、城辺工場の2022-23年期のサトウキビ製糖操業を12月9日に開始することを決めた。伊良部工場は同8日、多良間工場は同20日の操業開始を予定。3工場ともに収穫面積が増えており、昨年に比べて生産量はほぼ同水準となっている。城辺工場は3年連続の年内操業。同工場の年内操業については各地区のさとうきび生産組合も同日、工場を訪れ要請した。

宮糖城辺工場は今期11万4830トンの原料(サトウキビ)の搬入を見込んでいる。伊良部工場は6万1312トン、多良間工場は2万3335トンを見込んでいる。

操業日数は城辺工場が1日1500トン圧搾すると仮定し79日を予定。伊良部工場は1日500トン圧搾で123日、多良間工場が1日250トン圧搾で94日となっている。

伊良部工場と多良間工場については「資材が早めに入り次第、開始日を前倒しする可能性はある」と説明した。

今期操業日程は、同日の役員会で決定した。年内から操業を実施することで3月の早い段階で終え、春植えや株出し栽培の早期管理につなげたいという生産組合の要望にも応えた。また、原料の増産と製糖期間中、仮に長雨など悪天候が続き機械刈りがストップした場合も想定している。

前期(21-22年産)については質、量ともに豊作型だったが、天候に恵まれず、120日を超える操業となった。当初は晴天でハーベスターが順調に稼働したが、年明けから雨の影響で計画通りの原料を搬入できず、工場はスロー運転や一時休止を余儀なくされた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!