12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
社会・全般
2022年11月19日(土)9:00

テロ制圧へ連携確認/平良港保安訓練

負傷者の救助、搬送も
16機関「万が一」想定し/保安対策協

 

陸上に逃げたテロリストを確保、連行する警察官ら=18日、平良港漲水地区クルーズ岸壁

陸上に逃げたテロリストを確保、連行する警察官ら=18日、平良港漲水地区クルーズ岸壁

平良港保安対策協議会(会長・照屋雅彦平良港湾事務所長)主催の平良港保安総合訓練が18日、平良港漲水地区クルーズ岸壁で行われた。国や県、市などの関係16機関から約80人が参加。平良港に入港する船舶にテロリストが乗船して人質を取り負傷者が発生したとの想定で、各機関が連携して情報伝達や避難誘導、不審者制圧、救急搬送などを訓練して万が一の事態に備えた。

訓練はテロ等による各種犯罪の発生を想定し、関係機関相互の緊密な連携、協力のもとに連絡・協調体制を確立することが目的。

訓練では平良港に入港予定の船に乗り込んだテロリストが乗組員を人質に取ったと想定。宮古島海上保安部の巡視船「とぐち」が人質を解放し投降するよう求めた後、同部の制圧部隊が船内に潜入。1人を船尾付近に追い詰め確保した。

もう1人が陸上に逃げたが通報を受けて臨場していた宮古島警察署の警察官が確保・連行。市消防本部の救急隊員が腹部を負傷した男性乗組員を救急車で搬送した。

開会式で照屋所長は「本訓練を通じ、日ごろから危機管理への意識を持ち続け、有事の際の対応力を維持し続けてほしい」と述べ、関係機関が相互の連携、協力体制を再確認するよう求めた。

平良港港湾管理者の座喜味一幸市長は「平良港が安心・安全に利用できることを国内外にアピールし、物流および国際クルーズの拠点港としてさらに発展していくことを期待する」と語った。

閉会式で、港湾危機管理担当官の仲宗根宗信宮古島署長は万が一テロが発生した場合は被害を最小限に食い止め、犯人を早期に制圧・検挙することが必要だと強調しながら、「各機関が任務をしっかりと認識し、相互に連携して円滑に対応できた」と講評した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!