07/12
2024
Fri
旧暦:6月7日 赤口 丁 
産業・経済
2022年12月16日(金)8:59

沖糖が製糖操業開始/22-23年期サトウキビ

初日の平均糖度13・34度/1万トン減13万6000トン見込む

 

沖縄製糖の22-23年期製糖操業が始まった=15日、下地上地

沖縄製糖の22-23年期製糖操業が始まった=15日、下地上地

沖縄製糖宮古工場は15日、2022-23年期サトウキビの製糖操業を開始した。初日に搬入された原料(サトウキビ)の平均糖度は13・34度で基準帯をクリアした。長雨でハーベスター収穫が進まず、初日の原料搬入は587トンだった。今期の生産量は、生育旺盛期に天候が干ばつ気味で特に株出しに影響があり、前期比約1万トン減の13万6000トンを見込んでいる。

初日は587トンの原料が搬入された。ほぼ手刈りによる原料。平均糖度は13・34度、最高は15・5度、最低は10・4度だった。原料の223トン(38・08%)が基準糖度(13・1~14・3度)内、基準以上が121トン(20・60%)、基準以下が242トン(41・32%)で、約6割が基準帯をクリアした。

天候不順で原料確保に不安があることから、圧搾開始は予定をずらし17日からになる。操業期間は来年3月中旬までの約90日間を予定している。

操業開始にあたり仲里典和工場長は「天候に恵まれて、操業がスムーズに進むことを願っている」と話した。前期は長雨で気象条件に恵まれず123日間という長期に及んだ。

地区内では宮古製糖伊良部工場が8日、同城辺工場が9日に操業を始め、同多良間工場は20日開始を予定している。地区内4工場がそろって2期連続で年内操業になる。

地区内の生産量は沖糖が前期比約1万トン減の13万6000トン、宮糖城辺工場が約3500トン減の11万4800トン、同伊良部工場が約4000トン減の6万1300トン、同多良間工場が約1万トン減の3万3300トンを見込んでおり、地区全体では約2万8000トン減の33万5400トンが予想されている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!