02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
政治・行政
2022年12月21日(水)9:00

市提案の36議案を可決

水上バイク条例は賛成多数/市議会12月定例会が閉会

 

「水上オートバイ等の安全な利用の促進に関する条例制定」などを可決した12月定例会=20日、市議会議場

「水上オートバイ等の安全な利用の促進に関する条例制定」などを可決した12月定例会=20日、市議会議場

市議会(上地廣敏議長)12月定例会が20日、最終本会議を開き、2022年度一般会計予算など市当局が提案した予算、条例、議決の計36件を原案通り可決して閉会した。「水上オートバイ等の安全な利用の促進に関する条例制定」は、採決によって賛成多数で可決された。

今定例会には歳入、歳出ともに22億1564万円増額させる2022年度一般会計補正予算案など予算案9件、条例議案17件、議会の承認を求める決議案10件が市当局から提案されていた。

最終本会議では総務財政、文教社会、経済工務の常任3委員会の委員長が、審査の結果、付託議案をいずれも原案可決したことを報告した。

「水上オートバイ等の安全な利用の促進に関する条例制定」は、前浜ビーチと渡口の浜にブイと監視カメラを設置し、水上オートバイ等の危険航行による事故を防止するもの。

討論では粟国恒広氏が「渡口の浜にある看板では海水浴場かどうか分からない。関係機関で意思疎通ができていないので、再度協議をして臨時議会や3月議会に提案してほしい」と反対意見を述べた。

砂川和也氏は「宮古島の海の安心安全が問われている中で、市がしっかりと取り組んでいることを示す上でも重要。条例で看板を設置するので同じ共通認識が統一できる」と賛成の立場で討論した。

一般会計補正予算案の歳出では、農業生産向上および農家所得アップ支援事業に2億1236万円が盛り込まれた。「市職員の定年等に関する条例の一部改正」では、地方公務員法の一部を改正する法律の施行に伴い、職員の定年が段階的に65歳まで引き上げられる。

請願書と陳情書の計5件を採択し、陳情書2件を不採択とした。

 


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!