07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2023年1月10日(火)8:59

新年の夢と共に大空高く

親子でたこ揚げ楽しむ/ライオンズクラブ主催

 

風を利用してたこを揚げる参加者=8日、市多目的前福運動場

風を利用してたこを揚げる参加者=8日、市多目的前福運動場

「第33回新春親子凧(たこ)揚げ大会」(主催・宮古ライオンズクラブ)が8日、市多目的前福運動場で開催された。親子31組100人が参加。手作りのたこなど、工夫を凝らしたたこが舞い、新春の大空を彩った。参加者らは新年の希望や夢に胸を膨らせ、たこを風に乗せていた。前年は新型コロナウイルス感染拡大で中止となったため、2年ぶりの開催となった。

この日は天候にも恵まれ、親子連れらはたこを手に次々と会場に集合した。宮古島地方気象台(下里)では正午の最高気温が20・5度、東北東の風5・2㍍を観測し、絶好のたこ揚げ日和となった。

子どもたちはたこ糸を威勢よく引っ張り、風に乗せて歓声を上げていた。自慢のたこが空高く舞い上がり、各賞を競い合った。

閉会式で、川満正人大会実行委員長は「天気も良く風もあり、みんなで楽しくたこ揚げができた。これからも親子の触れ合いの機会を作っていきたい」とあいさつした。

同クラブの富山忠彦会長は「皆さんが元気よくたこ揚げする姿を見て、今年は笑顔あふれる1年を送れるように、いろいろなイベントで盛り上げていきたい」と述べた。

審査の結果、本村虹貴君(北小2年)が最優秀賞に選ばれた。本村君は「風が強くてたこが落ちたりして難しかった。賞を取れてうれしい」と喜びを話した。

▽最優秀賞=本村虹貴
▽高くまで昇ったで賞=砂川陽琉
▽デザイン賞=下地千瑛
▽ファミリー賞=根間幸大
▽アイデア賞=難波茉里・実千
▽ハッスル賞=安谷屋颯麻


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!