07/20
2024
Sat
旧暦:6月14日 先勝 甲 
産業・経済
2023年1月15日(日)9:00

収穫順調も糖度上がらず/22─23年期キビ

宮糖基準帯、沖糖下回る/島内2工場 操業開始1カ月

 

原料搬入が順調に進んでいる沖縄製糖=14日、下地上地

原料搬入が順調に進んでいる沖縄製糖=14日、下地上地

2022─23年期サトウキビの製糖操業が始まって約1カ月が経過した。出だしは天候不順で収穫作業が進まなかったが、昨年12月下旬から天候が回復、ハーベスターが本格稼働し、順調に進んでいる。一方で平均糖度が低迷し、農家は頭を抱えている。宮古製糖城辺工場は基準糖度帯(13・1~14・3度)をクリアしているが、沖縄製糖は12・43度と大きく下回っている。

沖糖は14日までの累計で搬入された3万2757トンのうち、基準帯を下回る原料(キビ)が2万5530トンと全体の78%を占めている。基準帯内は19%、基準以上は3%しか搬入されていない。日計で基準帯をクリアした日はわずか1日だけだった。

沖糖は「基準帯をクリアしない操業開始は今まで経験したことがない。長雨による日照不足が影響しているのではないか。光合成が不足すると、糖分が生成されにくい」と話している。糖度が低いと精製される砂糖も歩留まりが上がらないという。

宮糖は13日までの累計で2万9918トンを搬入。基準帯内は47%、基準以上が15%で合わせて62%がクリアしている。平均糖度は13・34度。徐々に上昇してきており、日計では13度後半になっているという。宮糖は操業開始から、基準帯を下回った日はない。

地区内では宮古製糖伊良部工場が12月8日、同城辺工場が9日に操業を始め、沖縄製糖が15日、宮糖多良間工場は20日に開始した。地区内4工場がそろって2期連続で年内操業になった。宮古島地方は昨年10月半ばから天候が崩れ、約2カ月、雨天や曇天が続いていた。ようやく12月下旬になって天候が回復した。

農家手取りのサトウキビ価格は品質(糖度)によって、交付金と原料(キビ)代金の合算で決まる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!