07/20
2024
Sat
旧暦:6月14日 先勝 甲 
政治・行政
2023年1月20日(金)8:59

「各産業が元気な印象」/岡田沖縄担当相

空港や港、商業施設など視察

 

南国の雰囲気あふれるみやこ下地島空港ターミナルの内部を視察する岡田大臣(右から2人目)=19日、みやこ下地島空港ターミナル

南国の雰囲気あふれるみやこ下地島空港ターミナルの内部を視察する岡田大臣(右から2人目)=19日、みやこ下地島空港ターミナル

18日から就任後初めて宮古島市を訪問している岡田直樹内閣府特命担当大臣(沖縄および北方対策)は19日、下地島空港や宮古島地下ダム資料館などを視察した。

宮古島の印象については「今回はとても有意義な視察だった。宮古島は農業、水産業など各産業もとても元気で自然も豊かというのが印象。ぜひ多くの観光客に来てほしいと感じた」と振り返った。

この日は、そのほかにも市海業センターや雪塩製塩所、平良港、友利かつお加工場、JTAドーム宮古島などを視察した。

視察後、マスコミの取材に対しては「沖縄の離島における沖縄振興の状況や課題などについて貴重な生の声を聞くことができた。今後ともさまざまな現場に足を運びながら、地元の意見を聞いて強い沖縄経済の実現に向けて全力で取り組みたい」と意気込んだ。

また、下地島空港について、自民党国防議員連盟(衛藤征士郎会長)のメンバーが現状の県管理よりも「国管理が有効」との認識を示したことや、在沖米海兵隊が同空港の使用届書を提出したことについても質問が出された。岡田大臣は「今回は外交や安全保障の観点からではなく、あくまで沖縄担当大臣として観光振興の観点からの視察であり、そうした件についての具体的なコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!