02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
政治・行政
2023年1月20日(金)8:59

「各産業が元気な印象」/岡田沖縄担当相

空港や港、商業施設など視察

 

南国の雰囲気あふれるみやこ下地島空港ターミナルの内部を視察する岡田大臣(右から2人目)=19日、みやこ下地島空港ターミナル

南国の雰囲気あふれるみやこ下地島空港ターミナルの内部を視察する岡田大臣(右から2人目)=19日、みやこ下地島空港ターミナル

18日から就任後初めて宮古島市を訪問している岡田直樹内閣府特命担当大臣(沖縄および北方対策)は19日、下地島空港や宮古島地下ダム資料館などを視察した。

宮古島の印象については「今回はとても有意義な視察だった。宮古島は農業、水産業など各産業もとても元気で自然も豊かというのが印象。ぜひ多くの観光客に来てほしいと感じた」と振り返った。

この日は、そのほかにも市海業センターや雪塩製塩所、平良港、友利かつお加工場、JTAドーム宮古島などを視察した。

視察後、マスコミの取材に対しては「沖縄の離島における沖縄振興の状況や課題などについて貴重な生の声を聞くことができた。今後ともさまざまな現場に足を運びながら、地元の意見を聞いて強い沖縄経済の実現に向けて全力で取り組みたい」と意気込んだ。

また、下地島空港について、自民党国防議員連盟(衛藤征士郎会長)のメンバーが現状の県管理よりも「国管理が有効」との認識を示したことや、在沖米海兵隊が同空港の使用届書を提出したことについても質問が出された。岡田大臣は「今回は外交や安全保障の観点からではなく、あくまで沖縄担当大臣として観光振興の観点からの視察であり、そうした件についての具体的なコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!