07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
産業・経済
2023年1月31日(火)8:59

養殖アーサの収穫始まる/大浦湾

JAS認定で販路拡大に期待

 

養殖アーサの収穫が始まった=30日、宮古島漁協

養殖アーサの収穫が始まった=30日、宮古島漁協

平良の大浦湾で養殖されている海藻の「ヒトエグサ」(宮古方言・アーサ)の収穫が30日、始まった。大浦漁港では宮古島漁協アーサ生産部会(松原幸夫会長)が収穫したアーサをトラックに積み込んだ。昨年11月の長雨や日照不足の影響が懸念されたが、ほぼ例年通りスタートした。この日は、漁船1隻が収穫を行い約180キロを水揚げした。

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らない宮古島産の乾燥有機アーサは、昨年12月に日本農林規格(JAS)登録認証機関から、アーサとしては全国で初めて認証されている。

宮古島でアーサの養殖を行っているのは同会会員8人で、今期は16トンの種付けを行った。大浦湾は30トンの養殖が可能な漁場だが、受け入れ先確保などの問題から、計画的に生産している。

JAS認定を受けたことでヨーロッパへの輸出も進めており、さらなる販路拡大が期待される。来年は20トンに生産量を増やしていくことを計画している。

一方で加工場の生産処理能力が現在20トンということもあり、人の増員や設備の整備などの課題もあるという。

宮古島漁協の下村貴浩さんは「養殖網に種付けし沖出しした時期の長雨と先週のしけでアーサの成長に不安があった。生産者の皆さんが網を洗浄したり、漁場を手入れしてくれたおかげで、無事に収穫が始まり安心した。収穫量は減る可能性はあるが、品質は良いと思う」と話した。

アーサはみそ汁や天ぷらが一般的だが、最近はパスタやピザの具材にも使われているという。収穫は2月に入りピークを迎える。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!