03/24
2023
Fri
旧暦:2月3日 仏滅 辛 
教育・文化
2023年2月28日(火)8:59

真栄城が3連覇/冷静な打ち回し光る

第45期宮古本因坊戦/本社主催

 

優勝杯を手にする真栄城佑次宮古本因坊=26日、こすみ囲碁教室

優勝杯を手にする真栄城佑次宮古本因坊=26日、こすみ囲碁教室

第45期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)の決勝リーグが26日、同教室で行われ、現本因坊の真栄城佑次六段が3連覇を達成した。昨年まで強烈なパワーが目を引いていた真栄城。「今年は僅差のヨセ勝負の碁でも勝てた。(形勢判断を軸に)冷静に打てた」と成長ぶりを話した。「今後は本因坊戦の4連覇と、池間博美先生と約束した3年以内の県制覇を目指したい」と、池間さんに次ぐ県碁界での活躍にも意欲を見せた。

決勝リーグ参加者は現本因坊の真栄城佑次六段、池間博美六段、知念一将六段、下地洋一六段の4人。1回戦の相手は、くじ引きで決めた。

1回戦、真栄城と下地は黒番真栄城の勝ち。優勝候補同士知念-池間戦は、めまぐるしい戦いを白番の知念が制した。

2回戦では真栄城を中学生のころから、手ほどきしてきた池間と弟子真栄城の対局が関心を集めた。終盤まで、細かい形勢で進んだが、池間が勝ちを急いだ手が敗着となり投了した。池間は「少しは勉強しているようだ」と、弟子の上達を喜んだ。

2回戦を終わった時点で、真栄城と知念が2戦全勝で並んだ。白番の知念は中盤のコウ争いの振り替わりで優位に立った。終盤まで優勢のまま進んだが、真栄城の勝負手が功を奏し逆転した。

2人の対局を採譜した日本棋院平良支部の池村浩明支部長は「予想できない手が多かった。ハイレベルな戦いだった。見応えがあった」と評した。

宮古囲碁名人である知念は、2冠達成はかなわなかった。「これからも池間さんや佑次、囲碁仲間たちと切磋琢磨(せっさたくま)して、来年は本因坊を取りたい」と来期を見据えた。

閉会式で宮古毎日新聞社の伊志嶺幹夫社長は、真栄城の3連覇を祝福。参加者や関係者の大会への協力に感謝した上で、来年も大勢が参加して盛り上げてくれるよう願った。

名誉宮古本因坊の池間博美さんは「宮古の囲碁界は本因坊戦を軸に発展してきた。50期に向けて、一層の発展を後押ししていきたい」とあいさつした。

日本棋院囲碁普及員の親泊宗二さんは、池間さんが100歳まで活躍することを願う「詩吟」を歌い大会に花を添えた。池間さんには「自筆の詩吟の漢詩の額」も贈った。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年3月22日(水)9:00
9:00

目指せ、海洋ごみゼロ

ホテルに回収ボックス/宮古ブループロジェクト始動   市民や観光客が拾った海洋ごみを、ホテルに設置した専用ボックスに集め、市が回収するまで一時保管する取り組みが始まった。海洋ごみゼロを目指す「未来に残そう宮古ブループロジェクト」で4社が協力している。…

2023年3月22日(水)8:57
8:57

満員の観客、演舞で魅了

琉球國祭り太鼓 宮古支部自主公演   琉球國祭り太鼓宮古支部による自主公演「ぶどぅれ!」が19日、伊良部公民館で開催された。会場には用意していた椅子が足りなくなるほどの多くの観客が来場。出演メンバーらは勇壮で力強い太鼓の演舞で観客を魅了した。 今年度…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!