07/17
2024
Wed
旧暦:6月12日 大安 壬 
社会・全般
2023年3月7日(火)8:59

生コン、4月から値上げ/1立方メートル1800~2500円の増に

エネルギー価格高騰の影響で/宮古島協同組合

 

4月から生コン価格の値上げを決めた宮古島生コン協同組合=6日、平良西里

4月から生コン価格の値上げを決めた宮古島生コン協同組合=6日、平良西里

宮古島生コン協同組合(平井才己代表理事)は4月1日から生コンクリートの販売価格を1立方メートルで1800~2500円値上げする。ロシアによるウクライナ侵攻など国際情勢におけるエネルギー価格の高騰が理由。同組合は6日、「原材料や電気料金の高騰で値上げせざるを得ない」と市民に理解を求めた。

値上げはセメント、砂などの配合度合いによって変わるが、「強度21Nm/m、スランプ8センチ」の生コンは、1立方メートルで2万6350円(税抜き)となり、現在の価格より1850円高くなる。

生コン価格は、1年前にも2800円上がっており、3年連続の値上げ。今回の値上げによる施主の負担は、「強度21Nm/m、スランプ8センチ」の生コンを100立方メートル使用する場合、18万5000円が増えることになる。

生コン製造において宮古島産で使えるものは水のみで、セメントや砂、石の主な原材料は沖縄本島から輸送している。原材料の高騰がそのまま市民負担に直結することが現状だ。

同組合の安谷屋政秀事務局長は「今年になってセメントが1トン当たり3000円値上がりした。これまでの輸入ルートであったロシアからオーストラリア、インドネシアに変更し輸送費も高くなっている」と説明した。

その上で、「型枠や鉄筋などの資材も高騰しており、個人で家を建築することが厳しい状況になっている。セメントの価格の高騰が収まった場合、生コンを値下げするかは理事会で検討したい」と語った。

同組合には協栄生コン、昭和建設工業、大米建設(宮古工場)、平良土建、宮古生コン、大栄生コンの6社が加盟している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!