07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
社会・全般
2023年5月3日(水)9:00

機体主要部を引き揚げ/陸自ヘリ事故

フライトレコーダー回収/分析で事故原因究明へ

 

作業船によって引き揚げられたヘリの機体=2日午前、池間島沖

作業船によって引き揚げられたヘリの機体=2日午前、池間島沖

陸上自衛隊の多用途ヘリコプター「UH60JA」が宮古島周辺で行方不明になった事故で水深約106㍍の海底で発見されていた機体が2日、民間サルベージ会社の作業船により引き揚げられた。防衛省によると、機体から詳しい飛行の様子を記録したフライトデータレコーダー(FDR)が回収された。陸自は今後、機体やFDRを詳しく分析し、事故原因の究明を進める。

機体を積んだ作業船は平良港に停泊しており、準備作業が済み次第、熊本県の八代港に向けて出港。到着後は陸路で高遊原分屯地に移送するという。

機体は伊良部島の北約6㌔、水深約106㍍の海底で発見された。引き揚げ作業は午前10時30分ごろから始まり、同11時45分ごろにワイヤ製のネットで包まれた機体が海面上へと姿を現し、サルベージ船へと引き揚げられた。

機体を乗せた作業船は午後2時すぎに平良港へと到着。青いシートで覆われた機体のそばでは、自衛隊員や船舶の職員、市消防本部の職員らが慌ただしく動き回る様子が見られた。

防衛省関係者によると、機体は尾翼が折れるなど大きく三つに分かれているという。陸自によると、引き揚げたのは機体の主要部で、周辺に散乱していた破片も同時に回収したという。

不明機は6日夕、伊良部島の北方約3の洋上でレーダーから消失。海底の地形が複雑なため捜索は難航したが、13日夜に伊良部島の北方約6㌔、水深106㍍の海底で機体が発見された。乗っていた10人のうち、1日までに6人の死亡が判明している。

2日は、艦艇1隻と陸上280人態勢での捜索活動も行われた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!