07/16
2024
Tue
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2023年5月25日(木)8:59

功労15個人7団体に賞状

事業計画 重点事項に指導・教育など/地区交安協総会

 

交通安全の活動に尽力した個人、団体に警察署長・交通安全協会長の連名表彰が贈られた=24日、市内のホテル

交通安全の活動に尽力した個人、団体に警察署長・交通安全協会長の連名表彰が贈られた=24日、市内のホテル

宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)の第66回定期総会と交通安全功労者らの表彰式が24日、市内のホテルで開かれた。表彰式では15個人と7団体に賞状が贈られた。総会では2023年度の事業計画案、収支予算案などを審議し、原案通り承認された。

事業計画の重点事項には▽交通安全活動に対する住民の理解・協力を確保するための広報啓発事業▽交通事故の実態を踏まえた実践的な交通安全指導・教育事業▽道路交通法の法令の規定に基づく委託事業-などを掲げた。

新年度予算の当期収入は2270万円。収入内訳は会費が1209万円、事業収入は950万円とした。支出は事業費として1845万円を計上。このうち交通安全運動費には582万円を充てる。

交通安全功労者の表彰式で宮古島警察署の喜屋武一郎署長は「表彰された皆さんはそれぞれの地域で安全活動のリーダーとして活躍してほしい」と期待した。

友利会長は「関係機関団体と連携を取り、交通安全意識の普及・高揚と飲酒運転根絶に向けて気運の醸成に努め、交通死亡事故ゼロを目指す」と語った。

受賞者を代表して三和建設の福里哲也社長は「受賞を機に新たな決意とさらなる努力を重ねたい。悲惨な犠牲者を一人も出さないよう強い信念を持って今後の活動に努めたい」と述べた。

「宮古島警察署長・宮古島地区交通安全協会長連名表彰」を受けた個人・団体は次の通り。

【交通安全功労者】砂川和也(砂川支部)砂川昌也(同)石嶺隆(狩俣支部)伊良部昌行(同)川満吉人(同)本永安子(交通安全母の会)砂川勝美(同)
【優良運転者】上里順治(道進)下里一平(同)前里勝広(共和測建)島尻みゆき(大和電工)仲宗根武彦(野津商事)砂川元幸(邦工業)前里英徳(三和建設)
【優良安全運転管理者】岡部成昭(南西楽園リゾート)
【優良団体】島尻婦人会
【優良事業所】宮嶋建設、三和建設、宮古給油所、共和産業、宮古地区トラック事業協同組合、沖電工宮古営業所


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!