06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政
2017年6月15日(木)9:04

生産量への影響懸念/来期サトウキビ

市農水部長 病害虫発生で

 宮古地区の今期のサトウキビ生産量は約43万㌧と豊作だったものの、市は来期の生産量については病害虫の発生が影響を与える可能性があるとして強い懸念を示していることが14日分かった。同日行われた市議会一般質問で、松原清光農林水産部長が答弁したもので「農家に防除対策を呼び掛けている」と現状を説明した。

 松原部長は答弁で、昨年末に新種夏植えにメイチュウ類による芯枯れやカンシャワタアブラムシよる被害が発生したと指摘。また、3月には株出しにもカンシャワタアブラムシの発生が見られたと説明した上で「この状況では、来期の生産量に影響が懸念される」と危機感を募らせた。

 宮古地区病害虫対策協議会やキビ技術委員会は、農家にチラシの配布とマスコミを通して防除対策を実施するよう呼び掛けていることや、宮古地区きび糖業振興会は、セイフティーネット基金事業により、薬剤購入補助を行っていることを説明した松原部長は「今後もキビ病害虫防除用農薬の補助などで農家支援を行い、キビの増産に向けて取り組んでいく」と述べた。

 下地明氏への答弁。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!