07/03
2022
Sun
旧暦:6月5日 仏滅 丁 
社会・全般
2017年6月15日(木)9:06

運転免許証 一気に54人が返納

メリット制度締結10社に/宮古島署で安全運転卒業式


参加者らは晴れ晴れとした表情で記念撮影した=14日、宮古島署

参加者らは晴れ晴れとした表情で記念撮影した=14日、宮古島署

 宮古島署(大城辰男所長)と宮古島地区交通安全協会(新里孝行会長)は14日、「免許証返納メリット制度覚書締結式」および「安全運転卒業式」を開いた。同覚書では2社が締結し、65歳以上の高齢者ドライバーで運転免許証を自主返納した54人が来店した場合に全商品を1割引きできるメリットをアピールした。返納者本人とその家族が一緒の時も同様に割引きされる。卒業証書を手にした参加者らは、晴れ晴れとした表情を見せていた。この日の2社を合わせて10の事業所・団体が締結したことになる。

 締結式には、大城署長、新里会長、マンゴーシックスジャパン宮古島店の根間恵子さん、フローリスト・カビラの川平義徳さんが参加。それぞれ覚書に署名・押印した。

 根間さんは「全商品が10%割引きとなるので、皆さんはご家族と一緒にお越しください」、川平さんは「人生の節目節目には花が喜ばれるので、皆さんと家族の来店をお待ちしている」とそれぞれ歓迎の言葉を語った。

 卒業式では、大城署長が一人一人に卒業証書を授与し、併せて新里会長が記念品を贈り、川平さんが花束を贈呈した。

 大城署長は「卒業証書を授与された皆さんはタクシーに乗った場合に運転履歴証明書を見せると割引きを受ける。また、運転はしないが家族で給油所で給油する場合、運転履歴証明書を見せると1㍑当たり8円割引きされる」などとメリットを強調した。

 新里会長は「勇気を持って返納したことに敬意を表する」とたたえた。

 卒業者代表で仲本正雄さん(93)は「物覚えが悪くなったので、運転免許証は返納した」述べた。

 閉会後、仲本さんはマスコミのインタビューで「運転歴は45年だった。いつも安全運転で無事故・無違反だった」と誇らしげに話した。

 これまでの運転免許証自主返納者は今回の54人を含めて100人以上とされる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!