07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
スポーツ
2017年6月20日(火)9:04

逆転で宮工初戦突破/高校野球沖縄大会

打線爆発、浦添に5-2


六回、1死満塁で中前適時打を放つ狩俣勝吏主将=18日午後、沖縄セルラースタジアム那覇

六回、1死満塁で中前適時打を放つ狩俣勝吏主将=18日午後、沖縄セルラースタジアム那覇

 【那覇支社】夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権沖縄大会で18日、沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で1回戦9試合が行われた。沖縄セルラースタジアム那覇の第2試合に登場した宮古工業は浦添と対戦し、5-2で逆転勝ちを収めて2回戦に駒を進めた。春季大会は八重山商工と連合チームだったが、今大会は新戦力を迎えて自力での初戦突破になった。

 先攻の宮工は、五回まで2安打に抑えられ0-2とリードされる厳しい展開となった。六回、宮工は8番石嶺虎太郎(2年)の安打を皮切りに犠打と安打で1点を返し、続く3番松川竜二(3年)の中安打で同点とした。さらに4番荷川取麟汰(1年)が逆転の適時二塁打を放つなど、打者11人の猛攻で一挙5点を奪い逆転した。

 先発を任された宮城凌我(1年)は、131球を投げきる力投で無四死球完投を果たした。

 「攻めまくり打ち勝とう」と選手たちを送り出したという佐久原大志監督は「最後の夏に皆で笑おうと頑張ってきた。練習してきた打撃で流れを作れて良かった。3年生が意地を見せてくれた」と目頭を熱くし選手をたたえた。

 狩俣勝吏主将は「引きつけて打つことができたのが良かった。次も打ち勝ちたい」と次戦を見据えた。

▼沖縄セルラースタジアム那覇
宮工 
 000005000|5
 101000000|2
浦添
(宮)宮城-松川
(浦)大城、東-平敷
▽二塁打=荷川取(宮)、喜友名(浦)、金城(浦)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!