06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
政治・行政
2017年6月28日(水)9:06

宮古島市 デイゴ97本を防除へ

県から事業移管/薬剤で害虫駆除


沖縄県の「県花」で深紅の花を咲かせるデイゴ

沖縄県の「県花」で深紅の花を咲かせるデイゴ

 宮古島市は今年度から、デイゴの害虫「デイゴヒメコバチ」の防除に乗り出す。県から事業移管されたもので、薬剤を樹木に注入する方法で実施する。幹の直径が70㌢以上、97本が対象。市は「沖縄県の県花であり、観光客に南国をPRする上でも深紅の花を毎年咲かせるようにしたい」と話している。

 デイゴはインド原産のマメ科の落葉樹。宮古では3月から5月にかけて花を咲かせる。

 しかし、近年では花を咲かせない木が多く、枯れてしまった木も見られる。

 原因は、外来種のデイゴヒメコバチ(体長1㍉~1・5㍉)で、国内では2005年に石垣島で初めて確認された。

 県は「県花の復活」を目指して、2010年から毎年防除を実施してきたが、今年度からは各自治体に事業管轄を移す。

 防除する木は、公園や学校、御嶽などに植えられているもので▽平良37本▽城辺26本▽下地13本▽上野11本▽伊良部10本-。

 市によると、防除対象樹木の下地来間「雨乞い座」のデイゴは、樹齢100年と推定され、高さ約7㍍、幹は太いところで直径約1㍍。

 また、市熱帯植物園の「デイゴ通り」には本が植えられているが、このうち5本が防除の対象となっている。

 予算は324万円で、国・県が90%(292万円)、市は10%(32万円)をそれぞれ負担する。

 防除方法は従来通り、デイゴの幹に穴を開け、特定の薬剤を注入する。

 市みどり推進課の根間正三郎課長は「観光客から『植物園のデイゴはいつ咲くんですか?』と質問されるが、残念ながら満開になる木は2本程度。御嶽では多く見られ、また『満開になると大きな台風が来る』との言い伝えもあり、古くから住民生活と密着している。害虫防除だけでなく、管理面も含めて守っていきたい」と話した。

 県は、新たな対策として、デイゴヒメコバチの天敵であるデイゴカタビロコバチを使った防除を計画。県内離島で、デイゴカタビロコバチを放し飼いして、環境へのリスクや効果を検証する予定だ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!