07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2017年7月1日(土)9:03

当期868万円の赤字/池間漁協総会

累積赤字2000万円超


全11議案を承認した総会=30日、池間公民館

全11議案を承認した総会=30日、池間公民館

 池間漁協(與那嶺大組合長)の通常総会が30日、池間公民館で開かれた=写真。組合員らが参加し、2016年度貸借対照表など全11議案を承認。当期は販売・製氷冷凍・加工事業の不振などの影響で868万円の赤字を計上した。累積赤字は2226万円に膨らんだ。

 16年度事業概況書によると、販売事業は池間食堂の経営不振により63万円の赤字。また、製氷冷凍事業は氷の製造販売、一本釣り用ムロアジ、シビマグロを仕入れ販売したほかモズクの冷凍一時保管などに努めたが約78万円の赤字。一方、加工事業は取扱量が大幅に減少した結果約万円の赤字を計上した。

 與那嶺組合長は「池間漁協では去年、外国船調査事業等の遅れがあった。何とか10月からスタートし、達成率は80%にできた」と述べた。

 その上で「池間漁協の運営は大変厳しい状況にある。これからも変わらない運営が続くと予想される。全組合員の力と協力で乗り切って良い方向へ向かっていこう」と励ました。

 元理事の仲間章郎さんは「貸借対照表に載っている経済事業未収金2000万円余は、今までも計上されているが、内容がまったく分からない」と質問した。

 與那嶺組合長は「以前から繰り返し計上されているようだが、その内容を示す明細がない」と答えた。

 特別決議では、伊良部島・下地島入江整備事業(作澪)に伴う岩礁破砕の同意及び漁場汚染防止協定の締結など4議案を承認した。

 漁船保険中央会が漁船「うみ丸」の所有者、仲原芳實さんに無事故・無違反で感謝状を贈った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!