07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2017年7月7日(金)9:04

カツオさばきに挑戦/伊良部

民泊の南風原小児童


指導漁業士らに教わりながらカツオさばきに挑戦する児童=6日、伊良部佐良浜漁港

指導漁業士らに教わりながらカツオさばきに挑戦する児童=6日、伊良部佐良浜漁港

 伊良部島に5日から民泊で来ている、南風原小学校の児童142人と、佐良浜小の児童36人、教職員ら17人が6日、佐良浜漁港でカツオをさばく体験をした。県指導漁業士や伊良部漁業協同組合(漁協)の組合員らが指導した。魚さばきに先立ち、南風原小の子供たちは2班に分かれ、7艘のサバニに分乗して、佐良浜漁港周辺海域のクルーズを楽しんだ。

 伊良部漁協の漢那一浩組合長は▽舟の煙突に触らない▽サバニに乗ったら立たない▽救命胴衣はきちんと着用する▽舟のヘリを持たない-などの注意点とその理由を児童らに説明した。

 また、カツオさばき体験前には、漁協関係者が▽包丁を持って歩かない▽ふざけない▽手袋をちゃんとする-などと注意した。

 カツオさばきに挑戦した児童らは、はじめは怖々包丁を使っていたが、慣れてくると、笑顔もこぼれ体験を楽しんでいた。

 南風原小5年の下川慧輔君は「サバニはものすごく揺れて、お尻が震えた。カツオをさばくとき、血が出たりして少し気持ち悪かったけれど、刺し身になったら食べる」と、カツオさばき体験に元気に挑戦していた。

 この日、約2㌔のカツオが75本用意された。児童らがさばいたカツオは夕食に刺し身として出された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!