07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
教育・文化
2017年7月7日(金)9:04

カツオさばきに挑戦/伊良部

民泊の南風原小児童


指導漁業士らに教わりながらカツオさばきに挑戦する児童=6日、伊良部佐良浜漁港

指導漁業士らに教わりながらカツオさばきに挑戦する児童=6日、伊良部佐良浜漁港

 伊良部島に5日から民泊で来ている、南風原小学校の児童142人と、佐良浜小の児童36人、教職員ら17人が6日、佐良浜漁港でカツオをさばく体験をした。県指導漁業士や伊良部漁業協同組合(漁協)の組合員らが指導した。魚さばきに先立ち、南風原小の子供たちは2班に分かれ、7艘のサバニに分乗して、佐良浜漁港周辺海域のクルーズを楽しんだ。

 伊良部漁協の漢那一浩組合長は▽舟の煙突に触らない▽サバニに乗ったら立たない▽救命胴衣はきちんと着用する▽舟のヘリを持たない-などの注意点とその理由を児童らに説明した。

 また、カツオさばき体験前には、漁協関係者が▽包丁を持って歩かない▽ふざけない▽手袋をちゃんとする-などと注意した。

 カツオさばきに挑戦した児童らは、はじめは怖々包丁を使っていたが、慣れてくると、笑顔もこぼれ体験を楽しんでいた。

 南風原小5年の下川慧輔君は「サバニはものすごく揺れて、お尻が震えた。カツオをさばくとき、血が出たりして少し気持ち悪かったけれど、刺し身になったら食べる」と、カツオさばき体験に元気に挑戦していた。

 この日、約2㌔のカツオが75本用意された。児童らがさばいたカツオは夕食に刺し身として出された。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!