07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
社会・全般
2017年7月12日(水)9:05

就職へ高3生が情報収集/地区県立学校長会主催

生徒120人、企業38社参加/県内・県外企業合同説明会


高校3年生が参加企業の担当者から業務内容などについて話を聞く企業合同説明会=11日、市中央公民館大ホール

高校3年生が参加企業の担当者から業務内容などについて話を聞く企業合同説明会=11日、市中央公民館大ホール

 市内の高校3年生を対象とした2017年度宮古地区県立学校県内・県外企業合同説明会(主催・宮古地区県立学校長会)が11日、市中央公民館大ホールで開かれた。県内と関東、中京、関西地区などから38社が出展。就職を検討している市内の高校3年生約120人が参加し、関心を持った企業のブースで担当者から会社の特徴や業務内容などについて話を聞いた。

 同説明会は、宮古地区の新規高校卒業者の就職希望生徒のうち県外希望者は70%を超えている現状を踏まえ、県内、県外の企業の採用担当者と高校3年生が参加する場を設けることで生徒が自主的、計画的に進路について考えるとともに進路選択の幅を広げることなどを目的に、毎年この時期に開催されている。

 今回は電気工事、配送、海洋土木、看護、介護、精密部品製造、引っ越し、警備、飲食、小売業、水産業などさまざまな職種の企業が県内外から参加した。

 高校生たちは関心のある職種の企業ブースを回り、担当者から各社の特徴や具体的な業務内容、勤務地、給与などの待遇、必要となる資格などについて説明を聞いた。

 参加した男子生徒(宮古総合実業高校3年)は「企業で働いている人から話を聞いて、自分のやりたいことと、その企業の仕事を照らし合わせながら具体的な仕事内容や待遇などについて知りたいと思い参加した。宮古島は離島なので実際に会社訪問をして話を聞くことは難しいので、全国から企業が来て説明してもらえることはありがたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!