07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2017年7月12日(水)9:01

自分の気持ち伝える/宮古郵便局

平一小で「手紙書き方教室」


背筋を伸ばし自分の気持ちを素直に書く児童=11日、平一小

背筋を伸ばし自分の気持ちを素直に書く児童=11日、平一小

 宮古郵便局(瀬長孝也局長)は11日、平一小学校(砂川栄作校長)で2017年度「手紙の書き方教室」を開いた。講師に招かれた青少年ペンフレンドクラブアドバイザー、酒井由利さんが、正しく丁寧な書き方を指導した。3年1組の児童35人は、いすに座った状態で背筋を伸ばし、机上に置いたはがき「かもめーる」に自分の気持ち伝える手紙を書き込んだ。

 手紙離れが進んでいる中、「手紙を書く楽しみ」「手紙を受け取った時の喜び」を経験できるきっかけとする目的で開催された。

 酒井さんは「手紙を通して心と心が通じ合い、つながりが生まれる」と再発見に期待を込めた。

 その上で「7月7日の小暑から立秋(8月7日)の前日の6日までに出す夏のあいさつの手紙を、暑中見舞いという。8月7日の立秋が過ぎた場合は、残暑見舞いという」と語った。

 児童一人ひとりにはがきが2枚ずつを配布された。暑中見舞いの書き方では、書き出し(前文)、本文、結びの順で書くように指導した。

 手本として「暑中お見まい申し上げます。毎日暑いですが、おじいちゃんおばあちゃんは、お元気ですか。私は元気です」と紹介した。

 酒井さんは「本文では、1年を通して季節ごとや月ごとの行事を書いたりする。これからは宮古島夏まつりや夏休みの様子を書いて伝えるのも良い」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!