06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
社会・全般
2017年7月14日(金)9:05

高波、うねりに注意を/水難事故防止推進協

気象台の松尾さん講演会


 

松尾さんの講演を聞く来場者ら=13日、市中央公民館研修室

松尾さんの講演を聞く来場者ら=13日、市中央公民館研修室

宮古島市水難事故防止推進協議会主催の2017年度気象講演会が13日、市中央公民館研修室で開かれた。宮古島地方気象台の松尾有希子さんが講師を務め「安全に海とつきあうために~気象要因での水難事故を防ぐには」をテーマに高波やうねりへの注意の必要性などを語った。



 松尾さんは波には風によって発生する「風浪(ふうろう)」と、別の場所で発生した風浪から伝わってきた波の「うねり」があることを説明。うねりは風浪と比べ海水が上下する周期が長く、一つの波の水量が多いため、沖合では波が低く見えても水深の浅い海岸付近に近づくと急激に高波になる危険性を指摘した。


 台風から発生するうねりは数千㌔先まで届くことがあり、台風接近前や通過後でもうねりによる急な高波の危険があることを紹介し、「波浪注意報が発表されていなくても海岸付近では急な高波に注意が必要。波予報の『うねりを伴う』は海岸付近の波浪注意報と捉えてほしい」と訴えた。


 天気予報で伝えられる波の高さは、同じ場所でも時間により異なる波の高さのうち、高い方から3分の1の波高の平均値を使用していることを説明する松尾さん。そのため100波に1波(10~20分に1回)は予報より1・6倍高い波が、1000波に1波(2~3時間に1回)は2倍の高さの波が来ることがあるとして注意を呼び掛けた。


 来場者たちは真剣な表情で松尾さんの話に聞き入っていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!