07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
政治・行政
2017年7月15日(土)9:03

生活路線の維持承認/市バス対策会議

県へ指定申請


現在7つある生活路線バスの維持を認めた会議=14日、市役所平良庁舎

現在7つある生活路線バスの維持を認めた会議=14日、市役所平良庁舎

 宮古島市バス対策会議(議長・長濱政治副市長)が14日、市役所平良庁舎で開かれ、現在七つある生活路線バスを協議した結果、宮古協栄バス(豊見山健児代表)の5路線、八千代バス・タクシー(砂川能樹代表)の1路線、共和バス(新里哲代表)の1路線の維持を認めた。市は結果を踏まえ今後、県に生活バス路線指定申請書を提出する。3社とも2016年度一般乗合バス経営は赤字で、各社は経営努力で運行していることが示された。

 長濱副市長は「現在の社会・経済状況からバス路線は厳しい状況にあるが、その路線の必要性は重要である」との認識を示した。

 3社とも県・市補助金を受けて赤字に補填。16年度の県・市を合わせた補助金交付実績額は、宮古協栄バスが1972万円、八千代バス2385万円、共和バス1503万円。

 3社別の16年度補助金会計年度(10月1日~翌年9月30日)の経常損益では、宮古協栄バスが1977万円の赤字、八千代バス・タクシーが2385万円の赤字、共和バスが1503万円の赤字。バス購入費などが赤字の大きな要因とされる。

 下地敏彦市長(代理)が委員で入れ替わった砂川修さん(市教育委員会学校教育長)、仲間正明さん(池間自治会長、バス利用者代表)、神里清春さん(城辺地区地域づくり協議会長、同)、垣花徳亮さん(博愛の里上野地域づくり協議会長、同)に委嘱状・辞令を交付した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!