07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
イベント
2017年7月18日(火)9:07

海と港の魅力を満喫/みなとフェスタ2017

平良港の役割学ぶ/各種企画でにぎわう


オープニングではアイラナフラスタジオのフラダンスなどが披露された=16日、平良港

オープニングではアイラナフラスタジオのフラダンスなどが披露された=16日、平良港

 「海の日」(17日)にちなみ「みなとフェスタ2017」(主催・内閣府沖縄総合事務局平良港湾事務所、宮古島市)が16日、平良港マリン広場で盛大に開催された。会場にはたくさんの親子連れや観光客が訪れ、心地よい海風を受けながら、島の生活を支える平良港の役割を学び、海からもたらされる恵みにも感謝しながら多彩なイベントを楽しんだ。



 オープニングセレモニーでは、アイラナフラスタジオによるフラダンスや竹の子保育園の園児による踊りが披露され、イベントを盛り上げた。主催者あいさつで下地敏彦市長は、今後の平良港の整備について今年12月には耐震強化岸壁が供用開始となり、大型化する船舶等の入港にも対応した岸壁になることを報告。さらに、官民連携による国際クルーズ拠点港として国から指定を受け14万㌧級の大型クルーズ船専用岸壁の整備をこれから進めていくことなどが説明された。


 来場者に対して下地市長は「きょうは子供から大人まで港について学びながら、楽しめる企画を用意した。イベントを通して新たな時代へと変ぼうする平良港の現状を身近に感じてほしい」と呼び掛けた。


 会場では、いろいろな催しが行われヒトデやナマコなど海の生き物と触れ合うタッチプールでは、大きなナマコに最初はおびえながらも、慣れてくると、笑顔で水の中から持ち上げる子供たちの姿も見られた。


 固いヒトデを触った子供からは「ほんとに生きているのかな?何か石みたい」などの感想も聞かれた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!