07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
社会・全般
2017年7月19日(水)9:03

博愛の心を子々孫々へ/佐良浜漁師顕彰碑10周年祝賀会

地元の人や関係者が参加し顕彰碑の建立10周年を祝った=17日、伊良部前里添多目的施設

地元の人や関係者が参加し顕彰碑の建立10周年を祝った=17日、伊良部前里添多目的施設

 佐良浜漁師顕彰碑建立10周年記念祝賀会(主催・同実行委)が17日、伊良部前里添多目的施設で開かれた。地元の人や関係者が大勢参加し、節目を祝うとともに博愛の史実を子々孫々に伝えていくことを改めて確認した。

 顕彰碑は、1873(明治6)年7月、ドイツ商船ロベルトソン号が上野の宮国沖で座礁・難破したことを知った佐良浜漁師8人と宮国住民らが協力して乗組員らを救助し手厚く介護したことをたたえるもので、佐良浜漁港近くに期成会が建立した。

 顕彰碑は高さ2・5㍍、幅1㍍。重さ4・4㌧で、台座の上に設置されている。いずれも中国産の御影石で、宮古島リハビリ温泉病院の奥原典一理事長が寄贈した。

 祝賀会であいさつした奥原さんは、「我々の先祖は勇敢で、危険な荒海にも舟をこぎ出した」と述べ、先人が命懸けで救助した勇気ある功績をたたえた上で「末長く語り継いでいこう」と呼び掛けた。

 伊良部漁業協同組合の漢那一浩組合長は、漁師8人を「地元の英雄」に例えて語り、顕彰碑については「先輩たちが築き上げてきた財産を引き継いでいく」と祝辞を述べた。

 前里添自治会の長嶺政二会長は「このような祝賀会が開催できるのは喜ばしいこと」とあいさつした。

 舞台では、前里添、池間添の両老人クラブや、みどり、あけぼのの各クラブが趣向を凝らした余興を披露し盛り上げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!