06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
スポーツ
2017年7月24日(月)9:03

平良男子、団体3連覇/県中学総体卓球

女子個人も宮國が優勝


男子団体戦で大会3連覇を果たした平良中の選手たち=23日、宜野湾市立体育館

男子団体戦で大会3連覇を果たした平良中の選手たち=23日、宜野湾市立体育館

 【那覇支社】中学総体九州大会への出場を懸けた第44回県中学校総合体育大会卓球競技は23日、決勝リーグが宜野湾市立体育館で行われた。宮古代表の平良は、男子団体戦で優勝して3連覇を果たした。女子個人戦では同校の宮國悠乃(1年)が与那原の新里妃乃(1年)に3-1で快勝して初優勝を飾った。

 大会連覇を懸けた男子団体戦では、横田恵叶主将が「連覇が懸かり、少しプレッシャーがあった」と話すように、立ち上がりは少し苦戦する場面もあった。しかし、決勝リーグでは全てストレート勝ちで相手を圧倒し、力の差を見せつけた。

 女子個人戦の決勝は、宮國が小学生の時から対戦しているという新里との同級生対決となった。1セットずつ取り合った展開で、迎えた第3セット。宮國は「強気で攻める」と気合いを入れ直し、第3、4セットを危なげなく取って3-1で優勝を決めた。 

 宮國は「今日は弱気にならず、強い気持ちで戦えたことが良かった。自分に負けずに戦えた」と試合を振り返り、九州大会に向けては「強い相手でも、向かっていく気持ちで、一戦一戦全力で挑みたい」と意気込みを語った。

 下地研範監督は団体戦について「毎日、自分を追い込んで練習をしている成果が出たと思う。九州大会ではベスト4を目指したい」と笑顔で話し、個人戦優勝の宮國には「厳しい場面もあったが、良く踏ん張ってくれた」とたたえた。 

 横田主将は「チーム一丸となって戦えたことが勝因。団体戦では1年生の時から続く無敗記録を更新できて良かった」と3連覇を喜んだ。九州大会では「全国大会の出場権獲得を目指して頑張りたい」と気持ちを新たにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!