07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2017年7月26日(水)9:06

福島から8家族27人来島/1年ぶりの再会に笑顔

1週間、海遊びなど楽しむ/宮古島保養プロジェクト


歓迎式で記念撮影をする福島からの家族と宮古島の受け入れメンバーら=25日、宮古空港

歓迎式で記念撮影をする福島からの家族と宮古島の受け入れメンバーら=25日、宮古空港

 福島第一原子力発電所事故の影響が今も残る福島から子供たちを放射線量の低い地域で一定期間過ごす保養のために親とともに宮古島へ招く取り組み「うむい宮古島保養プロジェクト満月」(主催・同実行委員会)で25日、福島から8家族27人が来島した。出迎えた実行委員会メンバーらと1年ぶりの再会を笑顔で喜んだ。滞在は31日までの6泊7日で、期間中、宮古の人たちとの交流や海遊びを楽しむ。

 同プログラムは2013年から行われていて今年で5回目。市民団体・うむい宮古島が製作する「笑顔カレンダー」の収益や取り組みに賛同する個人、団体からの寄付金などで夏休み期間中に福島から親子を宮古島へ招いてきた。

 今回が3、4回目の参加となる家族も多く、宮古空港に到着すると実行委員会メンバーやホームステイで家族を受け入れる協力家族と1年ぶりの再会を抱き合ったり握手をして喜んだ。

 空港では歓迎式が行われ、実行委委員会の楚南均委員長が「ようこそ宮古島へ。これから1週間、宮古島で思う存分に駆け回って遊んでほしい」と福島からの家族を歓迎。うむい宮古島の下地昌伸会長は「今年も皆さんを迎えることができ、皆さんの笑顔と子供たちの成長を見ることができうれしい」と語った。

 福島の家族を代表して今回が4回目の参加となる渡辺朋美さんは「今年も保養を受け入れてもらいありがとう。昨年、ここを離れてから、今回また皆さんと会えることを本当に楽しみにしてきた。福島ではできないことをたくさん、子供たちと一緒に楽しみたい」などとあいさつした。

 今年が初参加で2人の子供とともに来島した安齋香里さんは「別の保養で知り合った人が宮古島の保養に参加したことがあり、その人を通じて宮古島のことは知っていた。子供たちも来るのを楽しみにしていた。きれいな海で泳ぐなど豊かな自然の中で遊ばせてあげたい」との思いを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!