07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
社会・全般
2017年7月27日(木)9:05

宮古関係者も冥福祈る/大田元知事県民葬

長濱副市長、伊良皆村長ら献花


県民葬に列席した長濱政治宮古島副市長=26日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

県民葬に列席した長濱政治宮古島副市長=26日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

 【那覇支社】大田昌秀元知事の冥福を祈る県民葬が26日午後、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で開かれ、県内外からの参加者が献花し大田さんとの最後の別れを惜しんだ。宮古からは、長濱政治宮古島市副市長と多良間村の伊良皆光夫村長らが参列した。

 県民葬は、午後2時に開始。大田氏の三男秀明さんが遺影を抱えて実行委員長の翁長雄志知事と副委員長の新里米吉県議会議長とともに会場入りした。そして、県立芸術大学の学生が合唱する「県民の歌」で式典が厳かに始まった。

 安倍晋三首相と鶴保庸介沖縄担当相が出席したほか、行政代表として県市長会長の古謝景春南城市長、経済界から県経済団体会議の石嶺伝一郎議長、友人代表として比嘉幹郎元副知事が弔辞を述べた。

 式典終了後、長濱副市長は「大田元知事とは県庁で一緒に仕事をした時期がある。大変多くのことを教えていただいた。『平和の礎』も一緒に担当し、元知事の平和に対する思いは強く、身に染みている。安らかに眠ってほしい」と冥福を祈った。

 伊良皆村長は「大田元知事の平和・反戦を訴えていたことが県民の心にしっかり残っている。個人的な親交はなかったが、身近に感じる存在だったので、涙が出た。現在の沖縄の発展の基礎は大田氏が築いたものだ」と、これまでの功績をたたえた。

 このほか、翁長雄志知事は「大田元知事のビデオを見て涙が出た。20年たっても変わらない現状がある。大田さんの一言一言は、今の私の気持ちにもつながっている」と話した。安倍首相に対しては「大変丁寧な言葉、気持ちを頂いたが、現実の政治は言葉通りではない」と政府との対決姿勢をにじませた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!