07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
政治・行政
2017年7月28日(金)9:03

かん水、来月3日開始/市干ばつ対策会議

各地でスプリンクラーが稼動している=27日、宮古島市内

各地でスプリンクラーが稼動している=27日、宮古島市内

 宮古島市の干ばつ対策会議が27日、市役所上野庁舎で開かれ、灌漑施設がないサトウキビ畑へのかん水作業を来月3日にも開始することを確認した。台風接近に伴う降雨の状況を見ながら実施する。かん水費用は大型トラック1台当たり3900円。国のセーフティーネット基金から1900円を補助、農家の負担額は2000円となる。

 市やJAによると、一部のサトウキビ畑で葉がロール状になる現象が見られるという。少雨傾向情報は出ていないが、平年と比べて若干少ない降水量が影響しているとみられる。

 この現状を踏まえて対策会議が招集された。行政機関をはじめ、JA、製糖工場、土地改良区の代表らが集まり、来月3日からのかん水の実施を決めた。

 かん水できる量は1農家20㌃(トラック6台)を1巡とし、2巡目は降雨量を見て判断する。かん水の優先度は夏植え用の種苗、春植え、株出し、夏植えの順。

 市農政課の松原直樹課長は「特に伊良部島で雨が少ない。一部で葉が弱っている現象も見られる」と説明した。農家には「かん水する際には優先順位を守ってほしい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!