06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
社会・全般
2017年8月10日(木)9:02

「偏見と差別悲しい」/手話サークル2団体

ハンセン病歴史資料館で学ぶ


壁に掛けてある大きな写真から歴史を学ぶ参加者ら=9日、宮古南静園のハンセン病歴史資料館

壁に掛けてある大きな写真から歴史を学ぶ参加者ら=9日、宮古南静園のハンセン病歴史資料館

 市内の手話サークルひまわり会とがじゅまる手話サークルは9日、宮古南静園のハンセン病歴史資料館などの見学を行った。参加者らは、ハンセン病への差別や偏見のない社会の大切さなどを学んだ。

 二つのサークルから会員や子供たち合わせて13人が参加した。「ハンセン病と人権市民ネットワーク宮古」(共同代表・知念正勝さん、亀浜玲子さん)の関係者らが分かりやすく説明した。

 同園は、1931(昭和6)年、ハンセン病療養所「沖縄県立宮古保養院」として開院。33(同8)年、臨時国立癩療養所「宮古療養所」となり、41(同16)年に「国立療養所宮古南静園」と改称された。 

 参加者らは、国の不当な強制隔離政策による差別や偏見、その後の人権回復の歩みなどの歴史を学んだ。

 宮古では、6~8歳の子供たちが親に連れて来られて入所させられ、生涯所内での生活で絶対隔離された。

 この日は同館での見学のほかに、入所者・退所者との交流会、海岸の清掃活動などが行われた。

 9日現在の入所者は64人で、平均年齢86・3歳と言われている。

 参加した宮国夏生君(上野中3年)は「皆人間なのに人間ではない扱いをされた歴史を知った。自分たちの住んでいる宮古島で起こっていたことを知り、悲しい。今も偏見と差別があって悲しいことだ」と複雑な表情で語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!