07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
社会・全般
2017年8月15日(火)9:03

沖国大後援会が45周年/学生の支援強化に決意

祝賀会で乾杯をする参加者ら=12日、宜野湾市の沖縄国際大学

祝賀会で乾杯をする参加者ら=12日、宜野湾市の沖縄国際大学

 【那覇支社】沖縄国際大学後援会創立45周年を祝う記念式典・祝賀会が12日、宜野湾市の同大学で行われた。後援会は、大学の開学と同じ1972年、教育事業の後援を目的として保護者を中心に設立された。式典に出席した宮古支部の石垣和彦支部長は「大学と保護者の架け橋となり、教育環境のさらなる改善を目指して大学発展のために尽力したい」と決意を新たにした。

 記念式典では、新垣實後援会会長が「皆さんのお陰で周年を迎えることができた。奨学金など学生の支援を強化していきたい」と、感謝の言葉を述べた。

 来賓の祝辞では、前津榮健理事長・学長が「大学の成長と発展は、後援会の支援のたまもの。今後も支援・協力をお願いしたい」と語り、佐喜眞淳宜野湾市長は「後援会の支援は、優秀な人材の育成と県の発展に大きく寄与している」とあいさつした。

 創立45周年記念事業の一環として、後援会から大学へ中型マイクロバス1台の寄贈も行われた。

 祝賀会は、小柳正弘副学長の音頭で乾杯し、同大琉球芸能文学研究会による「かぎやで風」で幕開け。余興では、宮古支部会員らの「クイチャー」など、各支部の会員らが郷土芸能などを披露して会場を盛り上げ、祝賀会に花を添えた。最後は、全員でカチャーシーを踊り締めくくった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!