07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
スポーツ
2017年8月17日(木)9:05

連覇向け視界良好/離島甲子園

期待高まる宮古選抜/21日、石垣市で開幕


離島甲子園2連覇に挑むアララガマボーイズのメンバー=16日、北中グラウンド

離島甲子園2連覇に挑むアララガマボーイズのメンバー=16日、北中グラウンド

 「離島甲子園」と称される第10回全国離島交流中学生野球大会が21日、石垣市で開幕する。宮古選抜チームのアララガマボーイズは大会連覇に向けて練習を重ねており、「打撃も守りも良く、チームの仕上がりも良い」(佐和田滉主将)と視界は良好だ。「この仲間で2連覇を狙う」と全員が意気込んでいる。



 大会は、石垣市中央運動公園野球場など4会場で開催される。全国の離島から23チームが集い、25日までトーナメントで争う。


 アララガマボーイズはチーム結成から10回以上の練習を重ねてきた。共に汗を流してチームの結束力を強め、高いレベルの中で野球の技術を磨いてきた。


 16日は北中グラウンドで練習を行い、実戦形式の練習で本番に備えた。


 チームを率いる砂辺正人監督は「とても良い選手がそろっており、大会2連覇は十分に狙える」と太鼓判を押す。「あとは選手が本番で自分の力を出し切れるかどうか。エースを中心に守りを固め、チャンスを物にしたい」と話した。


 連覇を期待する声に主将の佐和田君は「そのことをプレッシャーにすることなく楽しみに変えたい。みんなで野球を楽しみ、それを2連覇という結果につなげたい。試合では、声をたくさん出して頑張りたい」と力強く抱負を話した。


 エースの花城琉伊君は「投げる試合は全部完封するつもりでいきたい」と力強い。「明るくて仲が良いチーム。一緒に練習してきた仲間と連覇したい」と意気込んだ。


 多くの期待を背負って大会に挑む宮古選抜。「優勝旗を島に持ち帰る」と大会連覇を誓っている。


 アララガマボーイズのメンバーは次の通り。


 監督=砂辺正人▽コーチ=垣花雄盛▽選手=花城琉伊(鏡原)、塩川大雅(同)、野原来輝(同)、島尻海渡(同)、狩俣勝王(北)、狩俣勇作(同)、佐和田滉(伊良部)=主将、佐久間大晟(同)、佐久間一晟(同)、川満俊宜(同)、垣花祐太朗(下地)、平良明瑠(同)、笠原秀太(上野)、砂川雅(同)、砂川理寿(平良)、伊波匠弥(同)、狩俣竜希(砂川)、新川壱彩(久松)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!