07/20
2024
Sat
旧暦:6月14日 先勝 甲 
社会・全般
2017年8月20日(日)9:06

子に決断する力を

PTA指導者研修会/喜屋武さんが講演


喜屋武代表の話に聞き入る参加者=19日、JTAドーム宮古島会議室

喜屋武代表の話に聞き入る参加者=19日、JTAドーム宮古島会議室

 2017年度宮古島市PTA指導者研修会(主催・市教育委員会、共催・宮古地区PTA連合会)が19日、JTAドーム宮古島会議室で開かれた。グッジョブおきなわプロジェクトの喜屋武裕江代表が講師を務め、「10年後のため“今”できること」をテーマに子供に決断する力を付けさせる必要性などを訴えた。

 喜屋武代表は大人になっても働かないニートが増えている現状を説明。ニートになる要因の一つとして、その人が子供のころに当たり前のことをできる力を身に付けてこなかったためとの考えを示す。「子供のころからその子にできる仕事をさせ、役割を持たせることが必要。それができていない」と語る。

 子供が将来について自分で決めることで自信と責任を持たせること、自立させることが大切という喜屋武代表。「未来を創ることは今を決めるということ」との考えを示し、義務教育が終了する中学3年生までに自分で決断する力を付けさせてほしいと呼び掛けた。

 夢、目標をかなえるためには、自分自身の成長、仲間を大切にする、ファン(応援団)を作ることが必要との持論を紹介。保護者、支援者として大切なこととしては①愛される力を付ける②考える機会、話し合う機会を作る③鏡になる-の3点を挙げた。「子供に夢や目標を持てというのなら、大人が夢や目標を持たなければいけない。大人が幸せのために頑張る背中を見せて、子供を導いてほしい」と呼び掛けた。

 研修会にはPTA役員ら約50人が参加。喜屋武代表の話に聞き入っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!