07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
政治・行政
2017年8月22日(火)9:05

「宮古は全国モデルになる」

西銘経済産業副大臣


宮古の農業について語る西銘経済産業副大臣=21日、本社

宮古の農業について語る西銘経済産業副大臣=21日、本社

 第3次安倍第3次改造内閣で経済産業副大臣に就任した西銘恒三郎衆議院議員(63)が21日、本社を訪れ副大臣就任を報告した、



 西銘副大臣は20日に開催された「みゃーく農業感謝祭」に参加するため来島したもので「宮古の農業はすごい。サトウキビ生産量が43万5000㌧、肉用牛販売額が46億円余、野菜販売も8億円余と目標の10億円台に近づいている。16年度実績で農業産出額は190億円と過去最高で全国のモデル地区になる」と語った。


 経済産業副大臣に就任して「日本の経済を引っ張る省であり、やりがいを感じる。全国の会社の99・3%は中小企業である。特に沖縄の比率は高く99・8%が中小企業である。後継者の問題などがあり、地域に働く場が無くなると困る。中小企業の支援に力を入れていきたい」と抱負を語った。


 新年度の沖縄県の予算について「3000億円台は確保されているが、それをどれだけ上積みしていくかだ。前年は200億円の予算減があり、その影響は出ている。県の概算要求は約3400億円だが、要請も受けており予算確保に努力したい」と述べた。


 西銘氏は衆議院議員当選4回、国土交通大臣政務官や総務省副大臣、衆院国土交通委員会委員長などを歴任した。


 本社では平良覚社長、伊志嶺幹夫専務が応対した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!