08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
政治・行政
2017年8月23日(水)9:05

宿泊施設数、宮古がトップ/県内実態調査

客室数と収容人数は4位

 【那覇支社】県文化観光スポーツ部は21日、2016年の県内宿泊施設実態調査結果を発表した。宮古島市は宿泊施設数が247軒となり、県内市町村で最も多かった。客室数は3150室、収容人数は8332人で、それぞれ県内4位となった。

 今回の調査は、県内の各市町村が提供した宿泊施設の客室数や収容人数などのデータ(16年12月31日時点)を集計して行った。風俗営業法に関わる施設は除外している。

 県全体の合計では、宿泊施設数が前年比9・6%増の1823軒、客室数が同4・0%増の4万2695室、収容人数が同4・5%増の11万1982人だった。軒数、客室数、収容人数はいずれも02年以降、15年連続で過去最高となった。

 宿泊施設数は、石垣市の220軒が県内2位。次いで那覇市219軒、竹富町158軒、本部町128軒、今帰仁村107軒、恩納村95軒の順となっている。

 宮古島市の宿泊施設を種類別に見ると、民宿が最も多い軒、ペンション・貸別荘が70軒、ドミトリー・ゲストハウス42軒、「ホテル旅館」(収容人数100人未満」29軒などとなった。比較的小規模な施設が多いのが、特徴といえる。

 客室数は、大規模宿泊施設が多い那覇市が1万5857室でトップ。恩納村4345室、石垣市4109室と続き、宮古島市は県内4位の3150室だった。5位は、名護市の2463室となった。

 収容人数では、那覇市の3万2033人、恩納村1万5272人、石垣市1万459人、宮古島市8332人、名護市6903人の順となった。

 収容人員300人以上の大規模な「ホテル・旅館」の数では、那覇市が30軒で県内1位。恩納村13軒、石垣市9軒、名護市7軒と続く。宮古島市は、県内5位の5軒だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!