07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
産業・経済
2017年8月24日(木)9:01

宮古発着便、好調維持/航空3社

お盆期間の利用状況


お盆期間中は、利用客が前年比で4.0%増加した=15日、宮古空港搭乗待合室

お盆期間中は、利用客が前年比で4.0%増加した=15日、宮古空港搭乗待合室

 【那覇支社】日本トランスオーシャン航空(JTA)と全日本空輸(ANA)、琉球エアーコミューター(RAC)の航空3社は23日までに、お盆期間(8月10~20日)の宮古空港発着便の利用状況を発表した。3社を合計した利用客の延べ人数は約6万5000人で、昨年に比べ約4・0%(約2500人)増加した。

 利用客数が増えたのは、JTAの利用率が約96%とほぼ満席状態が続いたことや、RACが機材を50人乗りに大型化したこと、ANAが繁忙期の羽田-宮古線に大型機を導入したことが要因とみられる。

 羽田-宮古線の利用客数は、JTAが3479人(利用率95・8%)で前年比1・3%減、ANAは7051人(同95・7%)で同96・8%増となり、2社合計で1万530人だった。167人乗りの機材に替えて335人乗りの大型機を投入したANAが、大幅な増加となった。

 那覇-宮古線では、JTAの利用客数は2万5869人(同96・4%)で前年比10・0%減となった。ANAは1万6513人(同94・3%)と前年比で13・1%減少した。RACは1072人(同97・5%)で57・9%増えた。

 RACが運航している多良間-宮古線の利用客数は1465人(同66・6%)で、前年比22・5%増加した。

 石垣-宮古線は、RACの利用客数が1397人(同63・5%)と前年比27・3%増。ANAは974人(同26・7%)で7・6%増となった。

 6月にANAが就航させた名古屋-宮古線の利用客数は3435人(同94・1%)。同社が運航する関西-宮古線の利用客数は3444人(同94・3%)だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!