07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
政治・行政
2017年8月26日(土)9:02

狩俣部が2部門制す/消防操法大会

「応用」Vの西辺部は県大会へ


操作の正確さや速さを競い合った消防操法大会=25日、市消防本部

操作の正確さや速さを競い合った消防操法大会=25日、市消防本部

 第25回宮古地区支会消防操法大会(主催・県消防協会宮古地区支会)が25日、市消防本部で開催された。競技の結果、ポンプ車繰法と小型ポンプ繰法を平良分団狩俣部が制し、応用の部は平良分団西辺部が優勝した。

 今回は、ポンプ車操法に3チーム、小型ポンプ操法に5チーム、応用の部に4チームの合計12チームが参加し、日ごろの訓練の成果を競い合った。

 応用の部を制した西辺部は10月の県大会に派遣が決定。ポンプ車と小型ポンプの部は今回の結果を踏まえた選考が行われ今後、県大会に派遣される宮古代表チームが決定される。

 開会式で、同支部の前川尚誼支会長は「新旧団員の入れ替わりもあり、訓練期間中は呼吸が合わない部分もあったと思うが、きょうははつらつと競技してほしい。また、県大会に出場するチームが優秀な成績が得られることを期待している」とあいさつした。

 下地敏彦市長(代読)も激励のあいさつで「これまでの訓練の成果を発揮して悔いのない競技をしてほしい。さらに県大会での検討も期待している」と述べた。

 選手を代表し、平良分団西辺部の仲間正彦さんが「この大会を通してさらに結束を深め、練習の成果を競い合いたい」と宣誓した。 同大会は消防団員の意識の高揚を図り、消防活動の進歩充実などを目的に開催している。

 この大会で選抜された個人、優勝チームは10月19日に県消防学校で開催される県消防繰法大会に出場する。

 結果は次の通り。
 【ポンプ車操法】優勝=平良分団狩俣部▽2位=平良分団島尻部▽3位=平良分団平良部
 【小型ポンプ操法】優勝=平良分団狩俣部▽2位=平良分団久松部▽3位=平良分団西辺部
 【応用の部】優勝=平良分団西辺部▽2位=平良分団狩俣部▽3位=平良分団島尻部


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!