06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
政治・行政
2017年9月5日(火)9:05

障がい者雇用促進を/市、ハローワーク

商工会議所に協力要請


下地会頭(左から2人目)に要請書を手渡す下地市長(右から2人目)と知念所長(右)、下地部長(左)=4日、宮古島商工会議所

下地会頭(左から2人目)に要請書を手渡す下地市長(右から2人目)と知念所長(右)、下地部長(左)=4日、宮古島商工会議所

 下地敏彦市長と宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古)の知念宏和所長らは4日、宮古島商工会議所の下地義治会頭を訪ね、会議所会員企業に対し、障がい者雇用の促進を呼び掛けるよう要請した。

 宮古島市と沖縄労働局は雇用対策協定を締結していて、その目標の一つとして障がい者の就職件数が掲げられていることから、障がい者雇用支援月間となっている9月に毎年、市とハローワークが商工会議所に対し雇用促進を要請している。

 知念所長、市福祉部の下地律子部長らと商工会議所を訪れた下地市長は、障がいのある人が働くことで社会に貢献できる雇用の場を確保することは地域の重要な課題との認識を説明。障がい者の雇用促進を押し進めるためには事業主の理解と、より一層の取り組みが重要との考えを示した上で、会議所会員企業の事業主に対し、障がい者雇用の維持とともに雇用機会拡大に向けた働きかけを行うことを求める知念所長との連名の要請書を下地会頭に手渡した。

 下地会頭は「要請に基づいて会議所会員に声を掛けて、適材適所での雇用促進に取り組んでいきたい」と要請に応じる考えを伝えた。

 2016年6月1日現在、宮古地区の障がい者の実雇用率は3・07%で法定雇用率2・0%を上回っている。法定雇用率を達成している企業の割合は68・8%。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!