07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
産業・経済
2017年9月14日(木)9:03

サトウキビ被害深刻

葉の裂傷や梢頭部が折損


強風にさらされ横倒しになったサトウキビ=13日、宮古島市内

強風にさらされ横倒しになったサトウキビ=13日、宮古島市内

 強い台風18号の接近に伴い、基幹作物のサトウキビに被害が出ている。各地の圃場で葉の裂傷が見られるほか、春植えや株出しのキビの一部は梢頭部が吹き飛ばされている。葉の裂傷は生育の鈍化を招き、梢頭部の折損は生育を止めることから生産量に響く。被害の拡大が懸念される。



 台風は13日、宮古島地方を暴風域に巻き込みながら北上。この影響で各地は終日暴風に見舞われた。


 農作物の中でも、特にサトウキビに大きな被害が出ているとみられる。


 収穫系の夏植えは横倒しになり、葉の裂傷が大部分で見られる。


 一方、茎長が短い春植えや株出しは暴風の影響をもろに受け、一部では梢頭部が折損している。台風前の少雨で土が乾き切っていた圃場での被害が目立つ。


 梢頭部が折れたサトウキビは、その時点で茎の生育がストップするため直接生産量に響く。各地の被害の程度が懸念される。


 風の強さから、製糖会社の農務担当者は「キビの葉が裂けているのは確実」とみる。「回復までに時間がかかることから当然生育にも影響する。被害は大きくなりそうだ」と話した。


 市や県、製糖工場などの関係団体は、14日にも被害調査を実施する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!