07/03
2022
Sun
旧暦:6月5日 仏滅 丁 
政治・行政
2017年9月18日(月)9:04

台風の被害状況を視察

西銘経済産業副大臣


台風18号の被害を受けたキビ畑を視察する西銘氏=17日、平良下崎地区

台風18号の被害を受けたキビ畑を視察する西銘氏=17日、平良下崎地区

 衆院議員で経済産業副大臣の西銘恒三郎氏が17日来島し、台風18号の被害状況を視察した。サトウキビの葉が裂け、梢頭部が吹き飛ばされて、根元や中間から折れたりしている状態を確認した西銘氏は「副大臣会議で、現場を見た者として被害の状況を報告したい」と述べ、市や県と連携して農家支援に取り組む考えを示した。



 西銘氏は、「50年に1度の記録的な大雨」とのニュースを聞き、急きょ予定を変更して宮古入りしたという。


 視察には、沖縄製糖宮古工場と沖縄電力宮古支店の職員が同行し、各現場で被害状況を説明した。


 被害を受けたキビ畑を案内した沖糖の担当者は「今後、晴れの状況が続くと塩害が起こる」と説明。スプリンクラーを活用できる農家は、海から吹き上げられた塩を水で洗い流す対策が必要だと指摘した。


 西銘氏は、キビの被害額が5億7000万円に上ることを知らされると「43万㌧を生産した大豊作の後に、大きな台風がやってくるとは。何とか30万㌧台をキープしてもらいたい」と話した。


 下地敏彦市長とも電話で会談し、今後の取り組みなどを確認。沖縄電力宮古支店では、同社の島袋清人副社長らと台風常襲地での電力事情などについて意見交換したほか、停電の復旧作業に当たった作業員らを激励した。


 西銘氏は、市役所平良庁舎で市農政課の職員から被害状況の説明を受けた後、午後の便で帰島した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!