07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
社会・全般
2017年9月23日(土)9:02

台風時に漂流船を救助/宮古島海保

フェリーたらまゆうの乗組員に感謝状


久留部長(後列左)から感謝状を贈られた羽地船長(前列左から3人目)と「たらまゆう」の乗組員に関係者ら=22日、平良港湾合同庁舎

久留部長(後列左)から感謝状を贈られた羽地船長(前列左から3人目)と「たらまゆう」の乗組員に関係者ら=22日、平良港湾合同庁舎

 宮古島海上保安部(久留利彦部長)は22日、平良港湾合同庁舎で、台風18号の影響で漂流した台湾船「徳鴻發」(総トン数55・65㌧)を暴風雨のなか、自らの危険も顧みず救助したとして、フェリー「たらまゆう」(羽地勝也船長)の乗組員一同10人に感謝状を贈呈した。



 羽地船長(56)は「視界が悪い中で、流れて来るのが見えた。たらまゆうの台風避難用の係留ロープに引っかかった。このままでは大破し、人命にも影響するのではないかと考え、乗組員全員が一丸となってロープを渡して、何とか救命胴衣を送った。翌朝まで乗組員が見張りもしながら頑張った。このような立派な感謝状をもらい、今後も乗組員一丸となって、安全航海に努めていきたい。より一層心を引き締めている」と感謝状受領の喜びを語った。


 久留部長は「あの暴風雨で、視界が10㍍を切るような状態だった。たらまゆうの乗組員に見張りをしてもらい、逐次、台湾船の状態の連絡を受け、助けてもらった。あのまま流されていたら、船体が大破し、乗組員が相当な被害を受けた可能性がある。本当に感謝している」と述べた。


 「徳鴻發」は13日午前0時17分ごろ、台風18号避難のため平良港に入港したが、係留ロープが切れ、港内を漂流した。その後、フェリーたらまゆうのロープに引っかかり、同日午後4時24分ごろ、フェリーたらまゆうの乗組員が漂流を防ぎ、救命胴衣を送るなど被害拡大防止に努めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!