06/30
2022
Thu
旧暦:6月2日 先勝 甲 
政治・行政
2017年9月26日(火)9:05

今年度は進ちょく率32%/市議会一般質問

国際クルーズ船拠点整備事業 総事業は85億円

 国土交通省が国際クルーズ船の受け入れ拠点として平良港を指定し、それに伴い平良港で今後実施される国際クルーズ船拠点整備事業について、下地敏彦市長が25日に行われた市議会一般質問で、今後の日程や予算額について説明した。下地勇徳氏の質問に答えた。

 答弁で下地市長は「国際クルーズ拠点整備事業は今年度から2019年度までの3カ年間で国が整備を行う。総事業費は約億円でその事業内容は、漲水地区北防波堤にクルーズ船専用岸壁と臨海道路の延長などの整備を行う」と説明した。

 今後の取り組みについては「今年度の事業費は約27億円で32%の進ちょく率を予定している。今後の予算については18年度が25億円、19年度は33億円で20年の2月までに事業を完了させ、同4月からの供用開始を予定している」と述べた。

 拠点港の指定は、2020年に訪日クルーズ客を500万人に増やす政府目標の達成に向け、改正港湾法に基づいて設けられた制度。

 クルーズ会社が旅客ターミナルなどを造る代わりに岸壁の優先利用を港湾管理者の自治体が認める。

 平良港の整備は、北防波堤の外側にクルーズ船用岸壁を延長370㍍、臨港道路延長約1・2㌔を整備する。

 整備にかかる総事業費は約85億円を見込み、うち5%程度を市が負担する。

 今月30日には、同事業の起工式とシンポジウムが行われる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!