07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
イベント 教育・文化
2017年9月26日(火)9:02

ふるさとの民謡楽しむ/沖縄宮古民謡協会芸能祭

浦添市で開催


熟達の芸が披露された沖縄宮古民謡協会の第22回芸能祭=24日、浦添市

熟達の芸が披露された沖縄宮古民謡協会の第22回芸能祭=24日、浦添市

 【那覇支社】沖縄宮古民謡協会(佐和田方恒会長)は24日、第22回芸能祭を浦添市のてだこホールで開催した。各研究所・グループや、7月の民謡コンクール受賞者ら約330人が、熟達した芸を発表した。会場には郷友ら約840人が訪れ、故郷の民謡や舞踊に大きな拍手を送った。

 芸能祭は、同協会顧問・理事と宮古民謡協会の役員らが奏でる「とうがにあやぐ」「大世栄」「池間ぬ主」に合わせ、砂川ヨシ子舞踊研究所などが華やかな舞を披露して始まった。

 主催者あいさつでは、佐和田会長が、「1996年にスタートした芸能祭も22年を迎える。感謝の念でいっぱいです」と述べた。

 舞台では、26の研究所・グループが馴染みの「なりやまあやぐ」「与並武岳金兄小」「酒田川」のほか、「夢の伊良部大橋」「宮古サッサイ」など比較的新しい演目も披露した。

 同協会の九州支部は「なますぬぐう」、宮古民謡協会は「宮古ぬあやぐ」を合唱し、会場を盛り上げた。

 また、7月に豊見城市で行われた第38回宮古民謡コンクールの受賞者40人余も、日ごろ鍛えた歌声や三線の腕前を披露した。10代として初めてグランプリを獲得した下地美咲さんは、澄み渡る声で「伊良部とうがに」を独唱。情感あふれる声に、観客は静かに聞き入っていた。

 沖縄宮古郷友連合会の福里栄記会長も来賓として登壇し、「会場が溢れんばかりの宮古ファンが集まって嬉しい。民謡協会のパワーはすごい」と語った。

 このほか、宮古島市出身の下地幹朗衆議院議員も祝辞を述べた。

 最後は、出演した各研究所・グループが舞台に上がり、観客にあいさつして締めくくった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!