06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
教育・文化
2017年9月29日(金)9:04

誇り胸に聖地で躍動/多良間島

八月踊り 塩川で「正日」


祭り2日目は塩川の「正日」。朝から多くの観客が詰め掛けて伝統の八月踊りを堪能した=28日、多良間村塩川のピトゥマタ御願

祭り2日目は塩川の「正日」。朝から多くの観客が詰め掛けて伝統の八月踊りを堪能した=28日、多良間村塩川のピトゥマタ御願

 【多良間】国指定重要無形民俗文化財「多良間島の八月踊り」(登録名・多良間の豊年祭り)は28日、祭り2日目を迎え、塩川にある聖地ピトゥマタ御願で正日が行われた。出演者は伝統芸能を受け継ぐ誇りを胸に躍動し、端踊りや組踊りで観客を魅了した。祭りは29日、仲筋、塩川の両地区で「別れ」を行う。

 塩川の正日は午前10時ごろに開幕した。獅子舞で場を清めると、総引きで出演者全員が顔見せをした。

 この後、女性が多良間世の歌に合わせてゆいつきを披露し、歴史ある民俗踊りで観客の視線を集めた。

 男性10人が出演する「よーんしー」は活況。威勢良く踊り、声高らかに笑って会場を大いに沸かせた。2人の男が向き合い、互いの棒を強く打ち付け合う棒踊りにも注目が集まった。

 合間には「106歳」の札をさげた演者と小さな子どもたちが登場し、コミカルな演技で笑いを誘った。

 この後は端踊り、二才踊り、狂言が次々と披露された。華やかな衣装を身にまとった中学生の男女も出演し、地域の芸能を受け継ぐ決意を演技に込めた。

 組踊り「忠臣公之組(忠臣身替)」は圧巻。忠臣亀千代が忠誠を尽くす義理と人情の物語を演じ切った。10幕に及ぶ一大絵巻に観客はくぎ付け。姿勢、歌、三線、踊りを堪能した。

 祭りは午後10時ごろまで続いた。島は27日同様、八月踊り一色に包まれた。

 塩川字会の福嶺常夫字長は「村民はじめ島外から訪れた郷友、多くの観客の皆さんに感謝したい」と来場を歓迎した。その上で「八月踊りは私たちにとって心のよりどころ。継承し、さらに発展させていく認識を共有したい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!