07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
環境・エコ
2017年10月7日(土)9:05

「サシバを守ろう」/伊良部で合同パトロール

地域住民に保護訴え


生徒たちは出発式で横断幕を掲げサシバの保護をアピールした=6日、市役所伊良部庁舎前

生徒たちは出発式で横断幕を掲げサシバの保護をアピールした=6日、市役所伊良部庁舎前

 国際保護鳥サシバ(タカ科)の群れが北から飛来する時期に入り、宮古島市は6日午後、伊良部島一円でサシバ保護合同パトロールを実施した。出発式で、伊良部中学校の生徒たちは「サシバを守ろう~いつまでもサシバの渡りが見られるように~」と大書された横断幕を掲げ、サシバの保護を訴えた。サシバは市鳥。

 市伊良部庁舎前の出発式で、下地敏彦市長(代読・島尻秀樹市環境衛生課長)は「サシバ保護に関連する話題として、サシバ繁殖地の一つである栃木県市貝町(いちかいまち)が3日に交流都市になった。今後は繁殖地との交流を含めたサシバ保護の体制を作り上げていけるのではと期待している」と述べた。

 その上で「サシバの舞う光景が末長く子々孫々まで宮古の風物詩として受け継がれることを願う」と語った。

 県自然保護課の金城賢課長(代読・古田さゆり同課自然保護班主事)は「県自然保護課主催による宮古島(宮古本島)と伊良部島におけるサシバ飛来数調査は今年で45年目」と述べ、8日から21日までの日程で行われるサシバ飛来数調査に期待を込めた。

 宮古野鳥の会の仲地邦博会長は「サシバを保護することは私達の住みやすい環境を守ることになる」と説明した。伊良部中を代表して津嘉山大雅君(1年)は「サシバが縁で遠く離れた市貝町と交流都市が結ばれ、とてもうれしい。これからもサシバを保護していく」と決意表明した。

 伊良部地区地域づくり協議会の比嘉臣雄会長は「交流都市が締結されたのは、伊良部の児童生徒たちが頑張ってきたおかげ」とたたえた。

 この後、参加者らは南区・北区で合同パトロールを展開した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!