06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2017年11月8日(水)9:03

予算の満額確保を要請/おきなわ農業農村整備の集い

農業整備予算の満額確保などを求めた「おきなわ農業農村整備の集い」=6日、南風原町

農業整備予算の満額確保などを求めた「おきなわ農業農村整備の集い」=6日、南風原町

 【那覇支社】「おきなわ農業農村整備の集い」が6日、南風原町の土地改良会館で開催され、2018年度予算で農業農村整備事業概算要求額の満額確保などを柱とする要望書を決議した。県土地改良事業団体連合会で副会長を務める下地敏彦宮古島市長のほか、伊良皆光夫多良間村長も出席した。

 開会にあたり、同連合会会長の古謝景春南城市長が「農業者の所得を高め、経営を安定させるためには、台風に耐えうる栽培施設を導入することなどが必要。一丸となって事業予算の確保を目指すことが重要だ」とあいさつした。

 来賓祝辞では、内閣府沖縄総合事務局の能登靖局長が「総合事務局で取り組む国営土地改良地区は、宮古伊良部地区および石垣地区のほか、今年度からは国営施設の老朽対応にも着手している。今後も、関係機関と連携しながら事業を推進していく」と述べた。

 また、翁長雄志知事(代読・大村学県農林水産部村づくり計画課長)の「18年度の概算要求額は厳しい状況にあり、農業農村の振興施策に影響を与えることが懸念される。農業農村は多面的な役割を担っており、その振興を図ることは大変重要。引き続き関係者の御協力をお願いしたい」とのメッセージも読み上げられた。

 その後、▽2018年度農業農村整備事業概算要求額の満額確保▽17年度補正予算での十分な措置▽改正土地改良法による事業推進を図るため現場に適合した制度設計と普及啓発▽農村環境基盤整備の一層の推進▽多面的機能支払交付金予算の確保▽国営造成施設管理体制整備促進事業の継続-を求める要望書を決議した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!